顎運動自動追尾解析プログラム

  ver. 1

比較的廉価なデジタルカメラ以外に特殊な装置を用いることなく、チェアサイドでも簡単に測定ができ、分析もすべて自動で短時間に解析することができます。本システムを用いて簡便に、開閉口および咀嚼運動時における下顎切歯点の座標値を得ることができ、顎運動のばらつき、運動速度、平均の運動経路などを自動的に求めることができます。
 
 
 
 
 
 


このページは医療従事者向けです。